モラハラ(結婚のほかに、妊娠や出産をきっかけに変貌することもあるでしょう)の世間での認知度は、かつてと比べれば上がってきましたが、それでもまだまだ十分に有名であるというには程遠い現状です。DVの場合だったら、相談窓口やいざといえねきのためのシェルター(核シェルターや地震シェルター、DVシェルターなど、色々なシェルターがあるものです)があるのでしょう。しかし、モラハラ(外面はいいのに、人目がなくなると別人のように暴言を吐いたりします)は、暴力が無かったらいうのみで夫婦げんか扱いにされてしまい、受け入れてくれないシェルター(一時的な避難場所を指すことが多いです)も多いものです。そのため、一人でモラハラ(結婚のほかに、妊娠や出産をきっかけに変貌することもあるでしょう)で悩み、何故良いのか分からない人もいるのではないでしょうか。モラハラ(最初は優しかったのに、結婚後に突然豹変することも多いそうです)の相談所として、身近な相談所は都道府県に存在している相談窓口です。相談は電話相談と面接相談の2つがあって、両方とも無料です。相談員は基本的には担当制で途中変更は出来ないのです。面接相談の時間は約30分です。受付時間や曜日が決定していることもありますので、前もって確認する事をオススメ。なお、相談窓口はDV(肉体的暴力の他に、精神的な虐待や性的な虐待も含まれます)相談窓口です。ほかに、「婦人相談所」「女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)センター」「女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の人権ホットライン」「福祉事務所」などでも相談可能になります。「モラハラ(外面はいいのに、人目がなくなると別人のように暴言を吐いたりします) 相談」で検索すると、ネットで相談に応じてくれるサイトが結構出てくるので、チェックしてみたらよいのでしょうか。もし、離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)などをかんがえているなら、「法律扶助協会」「日弁連犯罪被害者支援窓口」をオススメします。モラハラを治したいとか、モラハラ(夫婦間で起こった場合、時には子供にまで悪影響を及ぼすこともあります)で精神的におかしくなってきた、ストレスが高じてきて何故いいか判らないなどと言ったらきには、心療内科(精神科との違いは非常にあいまいで、その病院によっても畭なるでしょう)で診て貰うことです。また、職場でひどいモラハラ(夫婦間で起こった場合、時には子供にまで悪影響を及ぼすこともあります)にあい、業務に差し支えるほど悩み、自分ではなぜいいかわからないなどという場合には、労働基準監督署に訴えるのが良いですねー